消費者行動のマーケティング

人が動いたワケから探るヒットの黄金律

消費者行動のマーケティング

【コンセプト図鑑】コクヨ 「ing」 「座るを解放する」椅子に勝機! やがて人類の進歩を促す一手に

脳の活性化を促す「ウォーキング・ミーティング」 「ウォーキング・ミーティング」という会議スタイルを耳にしたことはあるだろうか?文字通り歩きながら会議をすることだが、室内で座って会議をするより、健康的なことはもちろん、創造的な思考を促し、活発…

【コンセプト図鑑】洋服の青山 「PT-9」累計販売数40万着! 根強いスーツ文化、その進化を支える適応種

累計販売数40万着、絶大な人気のストレッチスーツ 二面性を言い当てたコンセプト 「中身はスポーツ」をどう実現したか? 「外見はスーツ」に向けたこだわり 色やサイズ展開、2つのスマポケット 着心地・機能性 VS. カッチリ見え スーツ文化を支える新たな適…

楽天ラクマ、CtoCの土俵にBtoC並走、フリマアプリで「大化け」なるか?

フリマアプリにBtoCビジネスが並走 安全性の担保に一歩前進 個人の出品者 VS.事業者の出品者 ユーザー数が使用価値を決める「ネットワーク効果」 ラクマへの流入チャネルをより多彩に 楽天サービスとのクロスユースを促す ラクマを楽天コングロマリット活性…

【コンセプト図鑑】エレコム IHホットプレート「HOT DISH」 一人でも気軽に使える調理家電

お皿のようなIHホットプレート「HOT DISH」 2022年5月にデジタル周辺機器メーカーのエレコムから発売されるIHホットプレート「HOT DISH(ホットディッシュ)」。その外観は従来のホットプレートからかなり逸脱する。コンパクトサイズのIHクッキングヒーター…

【コンセプト図鑑】ジンズ・サングラス JINS&SUN "EVERYDAY EYE WEAR"

JINS&SUN サングラスの民主化を目指すブランド サングラスを遠ざける文化的規範 「サングラス=主張が強いもの」という、当たり前を覆す CMのコピーは「サングラスを自由に、新しく」 ブランドの「成長痛」に挑む定石コンセプト JINS&SUN サングラスの民主…

第4次ブーム「カプセルトイ」 つい回したくなる衝動はどこから来るのか?

カプセルトイに「第4次ブーム」 専門店の出店ラッシュ 昭和から令和へ カプセルトイ・ヒストリー 人気キャラクターだけじゃない!市場拡大の要因 カプセルトイ自販機の地政学的な展開 ヒットの鉱脈を巡る知恵比べ カプセルトイの一大ジャンル「リアルミニチ…

【バーダー・マインホフ現象】 気になるクルマはなぜ、街中でやたらと見かけるのか? /消費者心理の法則

知ったとたん、目に飛び込んでくる! 名前の由来や類似の概念 2つの認知バイアスが連携プレー 脳が興奮状態に陥るか否かが分岐点 ヒットにつながるか? 功罪両面の効果 知ったとたん、目に飛び込んでくる! 「バーダー・マインホフ現象」とは、興味深いこと…

比類なきブランド・ビルダー「ザ・ノース・フェイス」 なぜ、絶大な人気はピークアウトしないのか?

絶大な人気を誇るアウトドアブランド ノースフェイス×ゴールドウイン 客層を広げた「コア&モア」戦略 「自主管理店舗」をブランドの発信拠点に 「オーバー・ブランディング」のリスク ブランドのロゴに特異な存在感 社会的ネットワークの力 やがて普遍的な…

波に乗る「サッポロ生ビール 黒ラベル」 なぜ、若者に響くブランドになり得たのか?

www.ssnp.co.jp 家庭用缶が7年連続で売上アップ 黒ラベルに「失われた20年」 黒ラベルの再起に向けて 転機となった「大人エレベーター」のテレビCMシリーズ 大人への通過儀礼にふさわしいビールへ 黒ラベルの飲用体験を促す拠点づくり すべての羅針盤となっ…

「パン好きの牛乳」 圧倒的な後発ブランドが支持された理由

toyokeizai.net 寡占市場に割って入った「パン好きの牛乳」 コンセプトは「パンを食べるとき専用の牛乳」 サプライチェーンの担い手たちとの共栄 片や酪農家、片やベーカリーショップ 販路はベーカリーショップ限定に 特異なメンタルモデルで市場に風穴 直球…

大ヒット! 「ヤクルト1000」 世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」との意外な共通点

ヤクルト1000が会心のヒット ヤクルトブランドから意外な効果訴求 「ストレス」と「睡眠」━ 働き盛りの今日的な関心事 第一陣のユーザーを火付け役に 実感のこもった口コミ 迫真性の威力 世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」との意外な共通点 的を射てい…

オーブントースター「ビストロ」  パナソニックはなぜ、強みの「多機能」を棄てたのか?

www.itmedia.co.jp 形勢逆転の一手、オーブントースター「ビストロ」 モノトーン&シンプル、覚悟のデザイン刷新 「トースト」に絞った機能性アピール 視覚に訴える援軍を、Instagramから 技あり! 「期待感」マーケティング 形勢逆転の一手、オーブントース…

メルカリの利用拡大戦略 ふと気づけばサーキュラー・エコノミーへ

www.huffingtonpost.jp 日本を代表するフリマアプリ、メルカリ シニア層の取り込みを狙った「メルカリ教室」 タモリを起用したCMがブースターに 「循環型社会」の実現に不可欠な存在を目指す フリマアプリは思いやりを育むツール ふと気づけば「循環型社会」…

森永製菓「チョコモナカジャンボ」に見るロングセラーブランドの本質

toyokeizai.net 50年もの歴史を刻む超ロングセラーブランド 「鮮度マーケティング」が生んだパリパリッの食感 トップブランドの必要条件 ジャンボモナカというブランドの器 50年もの歴史を刻む超ロングセラーブランド ここ日本でモナカアイスといえば、多く…

ワークマン、異色のアンバサダー・マーケティング インフルエンサーには成し得ない “共鳴力” とは?

業績好調が続く作業服専門店チェーン、ワークマン。「高機能×低価格」の商品を武器に圧倒的なシェアを握り、昨今はプロの職人から一般客へ客層を広げる。 同社の快進撃を側面から支えるのがワークマン流アンバサダー・マーケティングだ。 ワークマンのファン…

スズキ・ジムニーに熱視線、図らずも王道の “ファンマーケティング”

軽自動車で四輪駆動、スズキ・ジムニーの販売好調が続いている。ユーザーの支持は熱く、その多くが他の車種を一切検討せず「ジムニー一択」で購入しているという。そのカルト的な人気を後押ししたのが2018年のフルモデルチェンジだ。“本格派オフローダー”と…

わかりやすさで群を抜け! 小林製薬、ニッチトップブランド連発の方程式

商品コンセプトとネーミングがわかりやすさで群を抜く小林製薬。次々に"あったらいいな"をカタチにし、同社がトップシェアを握るブランドは40を超えるという。 斬新な商品の開発だけではない。小林製薬は目下、毎日の日課のように使い続けてもらうために、商…

AOKIの「パジャマスーツ」が大ヒット 起爆剤となったネーミング効果

パジャマのリラックス感とスーツのきちんと感を兼ね備えたAOKIの「パジャマスーツ」が大ヒットとなった。当初は「ホーム&ワークウェア」の名で発売されていたが、より覚えやすく商品のイメージが沸きやすいという理由で急遽、名前が変更されたという。この…

ブランディングの名手 マスターカード クレジットカードがなぜ、「精神的な豊かさ」なのか?

クレジットカード業界でビザと並び世界2強の一角を担うマスターカード。実際は世界の決済額シェアでは両者は2倍以上の開きがあるが、ブランディングに力を注ぎ、消費者のマインドシェアでビザと互角に渡り合えるまでになった。そのブランディングの根幹を…

快走するケンタッキーフライドチキン 業績を復調させた “二刀流” 戦略とは?

ケンタッキーフライドチキンの業績好調が続いている。2018年の夏から始めた立て直し施策が効果を上げ、コロナ禍で打撃を受ける外食産業では数少ない勝ち組企業となった。「ハレの日」ブランドを「日常」のブランドへ。ケンタッキーはそんな転換を狙って、休…

大ヒット! 「イカゲーム」  “ボーン・グローバル” なコンテンツだけが勝てる時代

世界最大の動画配信プラットフォーム、ネットフリックスが独占配信する韓国ドラマ「イカゲーム」が空前のヒットなった。世界90カ国以上で視聴回数ランキング1位を記録したという。「デスゲーム」というコンセプトに富の偏在という世界に共通するテーマを絡め…

ZARA、ファストファッションで一人勝ち 強さの鍵は顧客との「共進化(Co-evolution)」

ファストファンションで今や一人勝ちの様相を呈するZARA。世界最大のアパレル小売企業、インディテックス社の主力ブランドだ。最先端のトレンドファッションを得意とし、2,200店を超える世界中の店舗には新商品が次々にお目見えする。刻々と変わる顧客の嗜好…

アサヒビールの “微アル” 「ビアリー」が好調 スマートドリンキング社会への鮮やかな一手

アサヒビールから発売された“微アル”「ビアリー」が好調なスタートを切った。「ビアリー」はアルコール度数0.5%の 微アルコール・ ビールテイスト飲料。アルコール度数はごくわずかながら本格的なビールの味わいが楽しめるとあって、アルコール飲料を飲んだ…

サントリー「伊右衛門」が鮮やかな復活 浮動票を動かした「脊髄反射」の力

www.suntory.co.jp 平成が生んだロングセラーブランド「伊右衛門」 緑茶飲料に優良顧客は育つのか? 液色を基軸に大胆なリニューアル ブランドの再起に「脊髄反射」の一撃 布石となった「サントリー天然水 GREEN TEA」 記憶を促す「フォン・レストルフ効果」…

中公新書「ルワンダ中央銀行総裁日記」 ブレイクの陰にトライブ・マーケティングの発想

xtrend.nikkei.com 半世紀前の名著が「書店発ベストセラー」に 日銀マンが60年代のルワンダを大改革 きっかけは風変りな帯だった 帯コピーを「なろう系」小説風に これまでにも「なろう系」との断続的バズ 「トライブ・マーケティング」が奏功 究極はアナロ…

「西武園ゆうえんち」大規模リニューアル 「昭和」に振り切った本当の理由

「西武園ゆうえんち」が2021年5月にリニューアルオープンを果たしている。「心あたたまる幸福感に包まれる世界」をコンセプトに「昭和」尽くしの世界観を再現し、懐かしい非日常を満喫できる空間に生まれ変わった。どうやら「懐かしい」という感情には万人を…

三菱鉛筆 シャープ替芯「uni(ユニ)」の体験価値 細芯からユーザーとの太い絆を築く

三菱鉛筆のシャープ替芯「uni(ユニ)」がヒットの兆しを見せている。「書いた後に紙面が汚れる」「マーカーを引くと文字がにじんで汚れる」というユーザーの悩みに答え、ノートをキレイな状態に保つ利点を前面に打ち出したことが静かな反響を呼んだ。「uni…

大ヒット!「丸亀うどん弁当」 快進撃に隠された心を掴む黄金律

丸亀製麺の新商品「丸亀うどん弁当」が好スタートを切っている。発売からわずか4か月で1,000万食を突破したという。ヒットの要因は「うどん」と「お弁当」という “ありそうでなかった” 組み合わせの妙。意外性はあるものの、わかりやすい商品コンセプトが新…

大ヒット!ゴキブリムエンダー 折角の技術革新を小ヒットに終わらせない方法とは?

大日本除虫菊(金鳥)の「ゴキブリムエンダー」が2年越しのヒットとなった。「エアゾール殺虫剤」のように空間に数回プッシュするだけで、「くん煙剤」の効果が期待できる。効き目があっても何かと手間のかかる「くん煙剤」の欠点を根こそぎ解消した画期的…

「スーパードライ 生ジョッキ缶」が異例のブレイク!人気に火をつけた“先行試写会効果”

2021年を代表する大ヒット商品となったアサヒビールの「スーパードライ 生ジョッキ缶」。フルオープンとなる缶のフタを開けた瞬間、きめ細かな泡が自然にあふれ出し、ジョッキで飲む生ビールのような感覚が味わえる。そのインパクトがビールになじみの薄い若…